内縁と同棲の定義の違いとは


内縁と同棲の定義について考えたことはありますか。

内縁と同棲は何が違うのでしょうか。

どちらの言葉も最近はよく聞くようになりましたよね。

これに加えて同居という言葉も存在します。

ここでは内縁と同棲の定義とこの2つの違いについてお話しします。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大

内縁とは

内縁は事実上の婚姻関係を指します。

婚姻届は出していないけれど両者に結婚の意思があり、生計を共にしているという2つの条件が必要になり、婚姻届を出していないために法律上の夫婦ではないけれど、夫婦として生活していることが定義となります。

法律上の夫婦ではないために相続権がなかったり、扶養に入れないなどの問題はありますが、最近は法律でも「配偶者に準ずるもの」として認められるようになって来ました。

しかし、例えば内縁の間に生まれた子どもは原則として母親の単独親権であり、家庭裁判所に申し出ないと父親の戸籍に乗らないなど、まだまだ法律上の夫婦との違いはたくさんあります。

同棲とは

それなら、同棲とは一体なんでしょうか。

同棲の定義は「婚姻関係にない男女が一緒に暮らすこと」を指します。

学生時代に同棲をしている友人などいませんでしたか?

同棲する2人には婚姻関係がなく、婚姻の意思も問われていませんから、内縁との違いも分かりますね。

内縁は事実上の夫婦ですが、内縁はただ男女が一緒に生活しているだけ、という違いがあるのです。

ちなみに同居の定義は「一緒に暮らすこと」であり、これは家族や友人、他人に対しても使える言葉です。

同居と同棲にも違いがあります。

何年同棲したら内縁になれるのか

たまに、「3年同棲したから自分たちは内縁関係にある」などという人がいます。

しかし、実は何年同棲しても内縁関係にはなれません。

婚姻関係にない男女が何年一緒に暮らしたとしても、両者に結婚の意思があるかどうかは別問題ですよね。

また、同棲ではまず生計を共にしませんし、夫婦への憧れがあったとしても、事実上の夫婦と言えるだけの用意は整っていないのではないでしょうか。

何年一緒に暮らしても、婚姻関係にない男女が婚姻関係になることはできません。

同棲と内縁は定義が全然違うのです。

まとめ

いかがでしょうか。

たまに「私たちは長年同棲しているから、内縁も同然」と考えている人を見かけますが、そのように考えている人は決して少なくありません。

しかし、彼女にそんなことを言われても焦る必要はありませんよ。

内縁と同棲は比較さえできないほど違うものなのです。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大
naienkankeiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする