内縁と事実婚を比較して分かる内縁のメリットとは


最近は、内縁という言葉を聞く機会も増えましたね。

それに対し、事実婚という言葉を聞いた事はあるでしょうか。

内縁と事実婚とは一体何が違うのでしょうか。

ここでは、内縁と事実婚の定義を明らかにした上でその2つを比較し、内縁のメリットについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大

内縁と事実婚

まず、内縁というのは婚姻届を出さないだけで事実上は夫婦であるという関係を指します。

双方に結婚の意思があり、また生計を共有しているという2つの基本条件が必要となり、届け出を出していないために法律上の夫婦ではないけれど、実際は夫婦そして生活をしている状態を指すのです。

それに対し、事実婚というのは日本においては届出婚・法律婚に相対する概念として知られています。

内縁と極めてよく似たものではありますが、内縁には届け出を出せないような社会的理由がある場合を含む一方で、事実婚はお互いの主体的、そして意図的な選択によって婚姻届を出さない婚姻関係のみを指します。

もう少し細かく言えば、内縁には不倫関係も含まれるのに対し、事実婚はお互いの意思により婚姻届を出しておらず、不倫関係ではない夫婦と解釈されます。

ただし、法律上これらの言葉を区別する根拠はありません。

内縁のメリット

内縁と事実婚には若干の違いがありますが、やはり内縁の場合は婚姻届を出せない事情が社会的に認められない理由であったとしても、事実上の夫婦として認められるというメリットがあります。

先ほども述べた通り、たとえそれが不倫関係であり、婚姻届が出せなかったとしても、事実上の夫婦になることができるのです。

事実婚はあくまでも社会的に認められる理由によって婚姻届が出せない場合のみの状態を指しますから、不倫関係など、反社会的な事情を持つ場合は事実婚ができません。

ただし、大きな声で視聴するものでもありませんから、どちらにメリットがあるというものでもないのです。

内縁と事実婚のメリット

内縁と事実婚には大きな違いがありませんが、この2つと法律婚を比較すると、そこには様々なメリットやデメリットが存在します。

まず、この2つは法律上の夫婦ではないため、例えば扶養に入ることができませんし、相続権もありません。

しかし、法律上の夫婦ではないからこそ、例えば義家族と距離を置くことができたり、内縁関係の破棄が容易であったりと、メリットもあるのです。

まとめ

いかがでしょうか。

事実婚という言葉がよく知られていないからこそ、内縁という言葉がよく使われる背景も存在します。

しかし、先ほども述べた通りこの2つに法的な違いはありません。

日本では最近認められるようになってきたとは言え、海外に比べると内縁や事実婚が少ないという現状があります。

これが今後どうなっていくのか、注目されているのです。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大
naienkankeiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする