内縁で生活保護は受けられる?


生活保護という言葉を知っているでしょうか。

働いても資産を使っても生活できないほど金銭的に困った人たちに対し、人並みの生活が送れるように支援する制度のことを指します。

働ける能力があるにもかかわらず生活保護を受け、日々遊び暮らしている人たちも存在するということから、生活保護の見直しも行われています。

内縁の夫婦は生活保護を受けることができるのでしょうか。

ここでは内縁と生活保護についてお話しします。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大

地方自治体によって全然違う

生活保護を受給することができるかどうかに関しては、市町村ごとに違いがあります。

自治体によって審査が大きく異なるため、簡単に「内縁の夫婦も生活保護を受けることができる」「内縁の夫婦の場合は生活保護受給できない」などという事はできません。

内縁関係であったとしても、お互い収入や資産が全くなく、2人とも働ける状態ではなく、生活費を稼ぐことさえできないという状態であれば、支給対象になる場合もあるでしょう。

しかし、生活保護は本来簡単に受けられるものではありませんので、何とも言えないのが現状です。

家族からの援助がないかどうかという確認

生活保護を受給したいと思っても、例えば車や不動産等を所有しているのであれば、先にそれらを手放して生活費として活用するように言われます。

同様に、内縁関係の2人に親族がいる場合、その親族から援助してもらう事はできないのかということを聞かれる場合もあります。

もしも様々な保険や年金、手当を使っても生活ができないという場合であれば、もしかしたら支給されるかもしれません。

しかし、生活保護を受給する前に、手元にあるお金になるものを全て利用してからでないと、生活保護は受けられない可能性が高いです。

内縁だから、という理由ではない

生活保護を申請する人は年々増えていると言われています。

そして、生活保護が必要であったとしても受けることができないという人もたくさんいます。

先ほども言いましたが、生活保護とは本来簡単に受けられるものではありません。

そして、内縁の夫婦だから生活保護が受けられないという事でもないのです。

内縁の夫婦は法律的には配偶者に準じるものとして認められつつありますので、内縁の夫婦だから生活保護が受けられないという事はありません。

受けられない場合はそれ以外に理由があるのです。

まとめ

いかがでしょうか。

生活保護を受けたいと思っても、もしも親族がいたり、そこから援助を受けていたり、車や不動産を所有していたりなどという場合は生活保護を受給することはできません。

しかし、やはり生活保護に頼らなくても良いように早いうちからお金の管理をしっかりとしていきたいですね。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大
naienkankeiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする