内縁の夫の住民票はどうなる?


内縁の夫を持ったら、住民票はどうなるんだろうと思う人はいませんか?

内縁関係とは、両者に婚姻の意思があること、そして生計を共にしている事という2つの条件が必要です。

必ずしも一緒に暮らしている必要はありませんが、それでも内縁関係を証明する際には一緒に暮らしていることがわかるような賃貸契約書、あるいは住民票が必要になります。

ここでは、内縁の夫と住民票についてお話しします。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大

何年一緒に暮らしているかということが大切

先ほども述べた通り、内縁関係を証明するためには2人の婚姻の意思と生計を共にしているという事実が重要になります。

しかし、例えば内縁の夫に浮気をされてしまったとしましょう。

内縁関係であれば慰謝料を請求することができますが、もしも夫に「自分には内縁関係の意識はなかった」などと言われてしまったら困りますよね。

そのような時、何年一緒に暮らしていたかということが証明できれば内縁関係を証明することが可能なのです。

内縁の年数を証明する方法

それならば、何年一緒に暮らしているかという事はどのようにすれば証明できるのでしょうか。

誰にでもできる簡単な方法は住民票を移し、2人の住民票に同じ住所を記載するということです。

住民票ならば、いつ移したかということが記載されますから、何年一緒に暮らしているかということを証明できます。

あるいは、2人でアパートなどを借りている場合、賃貸契約書に2人の名前を記載しておくという方法もあります。

この場合も、そのアパートに何年一緒に住んでいるかという証明になりますね。

関係が証明できないと…

いくら内縁の夫がいるといっても、その内縁関係が証明できないと事実上の婚姻関係にある夫婦として認めてもらえない可能性があります。

例えば、内縁関係にある夫婦はパートナーが不貞行為を働けば慰謝料を請求することができますし、もしもその内縁関係を解消するのであれば財産分与を求めることができます。

しかし、内縁関係が証明できなければそのような権限はありません。

「私たちはお互いに結婚の意思があるから大丈夫」という主観的な考えでは法律は助けてくれないことがありますから、客観的な証拠を集めておくことも大切です。

まとめ

いかがでしょうか。

内縁の夫がいるならば、住民票はぜひ移しておきましょう。

同じ住所に住んでいる証拠として、住民票は役に立ちます。

内縁関係を持つ者にとって、住民票は強い味方になってくれるのです。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大
naienkankeiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする