結婚はせずにあえての事実婚!内縁の妻でいるメリットとは?

内縁関係ナビ k (7)
一昔前までは法律と認められている結婚が主だったのですが、最近では女性の社会進出に伴い、あえて結婚ではなく内縁の妻という形を選択する人も多いのです。

一緒に住んでいて家計も同一にしていて、その上お互いの婚姻の意思があるという状態を内縁関係といいますが、それならばどうして結婚という形をとらずに内縁の妻という形を選択するのでしょうか?

今回は内縁の妻でいる事のメリットについてお話したいと思います。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大

内縁の妻とは?

内縁の妻というとただ特定の男性と一緒に生活している同棲や同居とはまた違い、内縁の妻と認められるためには条件があります。

3年以上同棲をしている場合には内縁関係として成立する場合も多いのですが、それ以上に、当事者2人共に婚姻の意思が認められる事と家計を同一にして共同生活をしているという事が条件になります。

これらの条件を満たす事によって、世間的には内縁の妻と証明され、結婚と同等の扶養義務や同居義務、貞操義務など様々義務や権利を背負う事になるのです。

内縁の妻のメリットとは?

内縁の妻であるメリットの1つは、今の時代は夫婦別姓などの制度もありますが、結婚すると共に女性が男性の姓へ改姓する人が多いものの、そういった改姓をしなくて済む事です。

そして2つ目は相手の家族や親戚との付き合いに自分の意思で距離を保つ事ができるメリットがあります。

どうしても結婚となると本人同士だけでなく親族同士の付き合いというものになりますので、相手の家族や親戚とはしっかりとお付き合いしなければ、結婚生活にも様々な問題が発生しますが、内縁関係であればそこまで全て相手の家族や親族とべったりした付き合いをする事なく、適度な距離を保ってお付き合いする事が可能です。

3つ目のメリットとしては結婚は法律的に認められているものの、離婚すると戸籍に傷が残りますが、内縁関係は別れたとしてもそういった傷がつく事はありません。

最近では離婚率が高まっているので、これからがこういった内縁関係と呼ばれる人が増えてくる事も十分に考えられるでしょう。

まとめ

内縁の妻というと一緒に生活しているだけという印象を持っている方も多いですが、実は結婚と同等の義務や権利もありますし、メリットもありますので、離婚をしたらなど離婚に対する不安があるのであれば、内縁関係として生きていくというのも一つの手段だと思います。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大
naienkankeiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする