内縁関係でも一緒のお墓に入ることができる?

内縁関係ナビ k (15)
結婚したいと一緒に連れ添ったのだから死んでからも祖倍にいたいと考えるカップルは多いと思われますが、内縁関係であっても同じお墓に入ることは可能なのでしょうか。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大

内縁関係だと一緒のお墓に入るのは難しい?

内縁の妻、あるいは夫の関係だと一緒のお墓に入ることは難しいかというと、一概にできないとは判断するのが難しいといえます。

内縁関係でも一緒にお墓に入らせてくれるお寺もあれば、内縁関係では認めない、あるいは宗教上の理由でダメなど様々な理由が考えられますが、永代使用権を所持している人の許可が下りれば一緒にお墓に入ることはできるともいえますので、諦めずに生きている最中にそういったお墓を探してみるのも良いかもしれません。

正妻がいたらもっと大変!

場合によっては、すでにお墓があってそれに入れるかどうかということもあります。

もちろん、内縁の夫側にほかの親族がいなければお墓の所有者の許可が下りるなら入ることはできるかもしれませんが、もし正妻やその子供がいたら話は別です。

すでに離婚していれば問題はないのですが、離婚の手続きをせずに現在の妻と内縁関係となった場合には制裁が内縁の妻がお墓に入ることを阻止することを予想することができるかと思われます。

今後のために身辺を綺麗にしておく必要というのは、お墓に入るときにも必要になることなのですね。

特にお墓がなければ散骨も手段の一つ

できることなら内縁関係でも死んでからも一緒にいたいと考える人は多いと思われますが、わざわざ内縁関係でも一緒に入れてくれるお墓を探すのも大変ですし、お墓はただではないので死んだ後も誰かに守ってもらう必要があります。

お金をかけてお墓を購入して一緒に入るのも個人の自由ではありますが、人間は生まれるときも死ぬ時も実はたった一人です。

そして、一緒にお墓に入ることが重要なのではなく、例え内縁関係であってもどれだけ楽しく一緒に幸せに過ごしてきたかの方が大切なのではないでしょうか。

お墓を購入しないのであれば、役所などで許可を取って散骨するのも一つの手段です。

ただ、先に亡くなった配偶者の散骨はできても、自分の散骨は誰かに頼まなきゃいけないので生前に同じ場所に散骨してもらえるように誰かに頼んでおくなど準備しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大
naienkankeiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする