内縁の妻を持つ理由とその利点について


内縁の妻は、法律上の妻と比べて何が良いのでしょうか。

確かに最近は内縁関係も事実上の婚姻関係と認められるようになり、社会的にも様々な権利を得るようになりました。

しかし、そうではあっても、法律上の夫婦と全く同じ権限を持つわけではありません。

それにもかかわらず、内縁の妻を持つ理由はなんなのでしょうか。

そして、どのような利点があるのでしょうか。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大

財産で揉めることがない

もしも夫が事業主であり、さらに子供がいて離婚歴を持つ場合、新たな配偶者と入籍をし、さらにその間に子供ができたりすれば財産で揉める可能性があります。

しかし、新たな配偶者があくまでも内縁の妻であれば、遺言書を書いたり、彼女が特別縁故者にならない限り、彼女には相続権がありません。

そのため、法律上は独身という事ですから財産が渡る配偶者もいないということになります。

実際、事業家と離婚する人の中には新たな人と入籍しないことを条件に、離婚を受け入れるという人もいます。

このように、複雑な結婚や離婚の経歴を持つ人にとって、内縁の妻には利点があるのです。

相手の家族と距離を置くことができる

結婚というのは本人達だけの問題ではありません。

家族を巻き込んだ問題であり、誰かと結婚すれば相手の家族とも仲良くしていかなければいけないですよね。

それに対し、内縁関係であれば相手の家族と距離を置くことができます。

これは、特に義家族とは離れていたいという人にとって利点といえます。

自分の生活を大事にしたい、相手に巻き込まれたくないという場合、自分のペースを維持できるという意味で内縁関係は利点が大きいのです。

そして、自分のペースを守りたいという事こそ内縁関係を維持する理由と言えるのです。

浮気や不倫で大丈夫

婚姻届を出さない社会的な自由がある事実婚とは違い、内縁ならば、法律上の配偶者が色にもかかわらず浮気相手や不倫相手と関係を持つこともできます。

日本は一夫一婦制ですが、まるで一夫多妻制のような空気を味わうことができ、男性にとってはこれが利点であると考える人もいます。

また、配偶者と別れることができないけれど浮気相手と一緒に暮らしたいという理由を持つ人もいます。

社会的に受け入れられない事情であったとしても、内縁関係は成り立ってしまうのです。

まとめ

いかがでしょうか。

社会的に受け入れられる理由であれ受け入れられない理由であれ、内縁関係を選ぶ人には様々な理由や背景があります。

もちろん、内縁は事実上の夫婦として認められてはいますが、法律上の夫婦と全く同じ権限を持つというわけではありません。

そのため、内縁関係を維持するならば自分で必要な情報を集めることも大切です。

スポンサーリンク
naienkankeiレクタングル大
naienkankeiレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする